賃貸契約に隠された秘密!節約し快適な一人暮らしを

最適な賃貸探しが節約の鍵

いざ一人暮らしを始めるとなると心が躍りワクワクするものです。しかし新生活を始めるにあたって家電や家具、賃貸手続きに引っ越しと思っていた以上に出費はかさむものです。その中でも賃貸契約料金は大きな出費となっています。一人暮らしを快適に継続するには賃貸探しが重要となってきます。

不動産屋選びが節約の鍵

まず最初にどの不動産屋で契約するかが鍵となってきます。なぜなら賃貸契約を結ぶ際仲介手数料が発生するのですが、不動産屋によって手数料が大幅に異なってくるからです。家賃1か月分の不動産屋もあれば、家賃の50%という不動産屋もあります。どこで契約するかを思案するだけで数万円出費を抑えることができるのです。

更新手数料が明暗を分ける!

地域や場所によって更新手数料というものが必要となってくる場合があります。賃貸契約では契約年数が定められており、一般的に1年や2年となっています。契約年数がたちその住居に住み続けるには契約を更新する必要があり、その際に更新手数料を求められる場合があります。万が一更新手数料が必要な物件であった場合、数年後に何万もの大金を支払わなければなりません。物件情報に更新時の手数料の有無が記載されており、手数料が不要となっている物件を選択するだけで、将来に向けて大幅な節約となるのです。

敷金や礼金とはどんなもの?

賃貸契約には敷金と礼金という項目があります。敷金とは退去時の現状復帰の費用に充てられる為、必要経費と考えられます。一方礼金は大家さんへお礼として支払われる金額のことであり、返却されることはありません。礼金の金額が節約の鍵となってきます。

旭川の賃貸では、オートロックや防犯カメラなどのセキュリティが充実した物件も多く存在し、女性の一人暮らしに最適です。