住宅ローンを延滞するような状況になった時には早目に任意売却を考えよう

住宅ローン返済中と不動産の所有権

マイホーム購入をする人の大半が住宅ローンを組むと言われています。自己資金がマイホーム価格と同じくらいあれば態々住宅ローンなどを組む必要もないわけですが、6000万円の家を購入する時に6000万円以上のお金を持つ人は極わずかであり、頭金を2000万円、残りの4000万円は住宅ローンなどのパターンは多いと言えましょう。

マイホームを購入すると、不動産登記を行う事になりますが、登記上の所有権は自分でも、住宅ローンには抵当権が設定されているので、完全な所有権を得ているわけではありません。

完全な所有権を得るためには、住宅ローンを完済した後に抵当権の抹消手続きを行う事で自分だけの所有物になるのです。

また、住宅ローンの返済が出来なくなった場合、抵当権を使って競売に掛ける事が出来るようになっています。競売に掛けられた場合、ローンの残りの金額に応じて借金だけが残ってしまうケースもあるので注意が必要です。

任意売却は市場価格に近い額で売却が可能

競売で処分した場合、市場価格の6割程度の金額で売る事になります。売却価格が3000万円、ローンの残りが4000万円などの場合、ローン残高から売却価格を差し引いた1000万円は借金として支払わなければならなくなってしまいます。

競売に掛けられる前に不動産を処分するのが任意売却です。

任意売却の場合は市場価格に近い金額で処分が出来るので、借金として残る額が少なくなる、もしくは借金が残らない可能性も高くなります。

但し、抵当権が設定してあるので住宅ローンを提供している金融機関との交渉が必要になる事、早い段階で売却を進めないと競売に掛けられてしまうケースもあり注意が必要です。

任意売却とは住宅ローン等の一定の契約を結んで購入した商品のローンを支払うことが出来ない場合に、その商品の売却価格等の設定を一任し売却してもらう事を指します。