賃貸物件選びはどのくらい期間をかければ良いの!?

1ヶ月の短期決戦なら方針を明確にしよう

賃貸物件選びを行なうために不動産屋へ向かうと、月初めと月末近くでは雰囲気が異なることに気が付くでしょう。営業活動が積極的に行われている不動産屋ほど、月末に達成しなければならないノルマが厳しいので、初回に案内された部屋を全て断ると優良物件が出てくることがあります。普段は決め手となる部屋を紹介しないケースがあるので、月内に契約が間に合うギリギリの20日前後に案内を受けると良いでしょう。月初に案内される部屋については、不動産屋に多くの利益が見込める大家からの広告料が高額な部屋が中心となりがちです。月初は相場を調べるつもりで利用し、不動産屋の営業担当が焦る月後半に勝負すると掘り出し物の部屋を見せてもらえるでしょう。

こだわりたいなら3ヶ月かけて探すと良い

部屋探しにこだわりたいなら、じっくりと3ヶ月かけて探すことも出来ます。1ヶ月目は大手不動産屋チェーン店で地域相場を確認し、2ヶ月目からは地元の小規模な不動産屋を回って非公開物件を中心に内見して回ると良いです。最終的な決断を3ヶ月目に行なえば、こだわりたい条件を満たす部屋が見つかるでしょう。3ヶ月こだわりを持続出来るならば、本物のこだわりを持った部屋を探すことが大事だと気が付くでしょう。余りにも個性的なこだわりに対しては、残念ながら該当する部屋無しといった状況に陥る可能性はあります。しかし、長期間探した中で納得出来る部屋であれば、完璧では無くとも充実した生活に必要な要素を満たしているはずです。

登別の賃貸には様々なタイプが存在するため、物件情報を把握するだけでなく、積極的に内覧を行うことで、より魅力的な物件を選択できます。