賃貸住宅を探そう!決める際のポイントはここにある!

賃貸を選ぶ時、壁紙の状態が重要!

賃貸住宅の契約が切れて退去する時、内装の状態が良いと敷金も戻ってきます。綺麗な状態で使われた壁紙は取り替えられないまま次の入居者が部屋を使います。寂れた感じで次の入居者に引き渡すわけにはいきませんから、状態の悪い壁紙ほど張り替えのリフォームが必要になります。賃貸を探す上では、入居する際の下見で状態の良い壁紙なのか、真新しい壁紙なのか見極めておくといいですよ。状態のいい壁紙でもよく見れば黄ばみやシミや剥がれなどが見つかるものです。

見づらいところをチェックしよう

チェックするところは壁紙だけではありません。ドアノブの回転がいいかどうかなども見ておくといいですよ。見た目は綺麗でも中が錆び付いている場合は、シリンダーの交換が必要になってきます。窓や網戸がスムーズに開くか、見えない部分にあるローラーが壊れている場合もあります。賃貸住宅の入居を決める際には、見えにくい部分の重点的なチェックも忘れずにやっておきましょう。シンク下の下水管から嫌な臭いがしないかとか、洗面所の排水溝をちょっと覗いてみるとか、そういうところに結構不具合があったりするからです。

不具合を見つけると優位になる

お気に入りの賃貸を見つけた時は、天井から縁下までくまなくチェックを入れてみましょう。もしも、不具合が見つかった時は、逆にラッキーだと思いますよ。その理由は、新たにリフォームをかけてもらえたり、修復しない代わりに敷金礼金を安く済ませるなんて言う交渉もできるからです。壁紙に破れを見つけた時などは「もう少しなんとかなりませんか…」などと切り出せば、交渉するチャンスになりますよ。

琴似の賃貸は物件の数が多いので注意が必要です。間取りや価格など、希望の条件を明らかにしておけば、納得できる物件が必ず見つかります。